コマチノキロク

韓国オタク大学生による美意識向上ブログ

カフェ大国韓国で異変!? 使い捨てカップが使用禁止に

f:id:komkorea:20180810105242p:plain

 

こんにちは。

9月にまた韓国へ行く予定なんですが、私の韓国旅行の楽しみの一つに"カフェ巡り"があります。

 

 

韓国のカフェって飲み物や食べ物だけでなくて空間全体に強いこだわりが感じられて、非現実感まで味わえるのでとても居心地が良いんですよね^^

 

f:id:komkorea:20180810111640j:plain

 

どこを撮ってもなんとなくいい感じの写真になる

 

f:id:komkorea:20180810112158j:plain

 

というわけで、韓国旅行三大楽しみの中にコスメ爆買い、美味しい物の暴食に並んでカフェ巡りが入るんです

 

が、

最近そんなカフェ大国韓国である異変が起きているそうなんです。

japanese.joins.com

japanese.joins.com

 

カフェ内使い捨てカップ使用禁止?

 

しかも今月8月から実施されたばかりだそうで、国内でも急な変更にまだまだ混乱状態

どういうことなのか個人的に調べてみたので悪魔でも私の解釈ですが、簡単にまとめます!

 

韓国は世界有数の使い捨て消費国!?

韓国で1年間に排出される資源ごみは、国民1人あたり使い捨てカップ510個、ビニール袋は420枚で、包装用プラスチックは62キロに及んでいる。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-9948_1.php

 

カフェなどで提供される使い捨てカップは年間260億個も発生しています。

これは世界最高水準の数値、、、

韓国へ行くと、街行く人が片手にコーヒーのカップを持っているのは当たり前の光景。

カフェ内でも、飲み物は使い捨てカップで提供されることがほとんどで、そのカップがまたデザインが可愛いもんだから所謂インスタ映えだったりして

なんとなく使い捨てカップって韓国カフェの醍醐味であった気がするのですが、環境面から考えると良くないですよね。

韓国の一部のカフェで店内での使い捨てカップ使用が禁止に

8/1から一部のカフェで、店内利用者への使い捨てカップの使用が原則禁止になりました。

当初は違反した業者に罰金を課す予定もあったそうです。

 

スタバ、マック、KFCなどの大手フランチャイズ企業はタンブラーを持ち込みで割引を実施したりして、リサイクル可能なカップの使用を呼びかけたりとか

かなり本格的にエコ対策に力を入れ始めたようですね。

 

実際にインスタで検索してみると

スタバ

f:id:komkorea:20180810224414j:plain

コーヒーは良いとしてフラペチーノはあの女神マークのカップで飲んでこそフラペチーノだ!みたいな固定観念があった私からしたらちょっと違和感...

見た目にも相当なこだわりがあるだろうスタバは、今後グラスのデザインとかに重きを置いてきそうですよね。

 

ゴンチャ

f:id:komkorea:20180810224717j:plain

ゴンチャは準備が早かったようで既にお店のロゴが、、、

タピオカをグラスで飲むっていうのは何だか新鮮だなぁ

 

こんな感じで写真的には何だか物足りなくはなってしまいましたが、やると決めたらすぐに実施するところが韓国らしいというか、

まあゴミを減らそうという姿勢はとても良いなと個人的に思います。

使い捨てカップ使用禁止における問題点

まあゴミ減らすぞー使い捨てカップは禁止ダァーっていう法律を作ったのはいいものの様々な問題点も出てくる訳で

①判断が難しい

今回の法律の内容は悪魔でも"店内での使い捨てカップ使用の原則禁止"というもの。

じゃあ例えば「持ち帰りでお願いします〜」と言って使い捨てカップで提供してもらった後に店内の席に座ったら?

悪気がなくても、本当に持ち帰るつもりであったものの、急な予定の変更で時間潰しにやっぱり店で飲んでこうなんて状況もよくありますよね。

果たしてこれが法律違反になるのかどうか、そこら辺の判断がとても難しい。

逆に店内で飲みきれずに持ち歩こうと思ってもグラスだから店内で飲み切るか残すしかない。

う〜ん便利で気軽に利用できるはずのカフェの概念が少し変わってしまうような

 

②人件費の問題

特にスタバなどのチェーン店はただでさえ客数が多いし、回転率も早いです。

早くドリンクを提供することが求められる中で、グラスをいつ洗うのか、という問題が出てきます。

もちろん今までと同じ従業員数では、とてもじゃないけどお店が回らない。

グラスを洗うための人員を確保するには更に人件費がかかる。

これ、お店側にとっては相当厳しいですよね。

 

③衛生面の問題

先程の人件費と重なりますが、ゆっくり出てくる高級レストランとは違ってカフェで求められるのはスピード(味ももちろんだけど)

グラスを洗うとなったらそんなに丁寧に洗う暇はないはず。

そこで問われるのが衛生面です。

グラスを本当にしっかり洗っているのか信頼できないと懸念する消費者は実際多いそうです。

 

こんな感じでなかなか現実的に厳しい部分もたくさんあります。

使い捨てカップ使用禁止を実施するにあたってはまだまだ課題が山積みであるのが現状です。

 

まとめ

韓国旅行へよく行く私にとってかなり身近に感じたニュースだったので取り上げてみました。

今後益々使い捨てカップを韓国で目にすることは少なくなっていくでしょうね。

色々と問題点もありますが、環境問題に向き合って具体的な策をとる韓国の姿勢には、日本も見習うべき点があるのではないかな〜と感じます。

 

たまにはコスメ以外の記事も良いですね。

色々なジャンルでもっと思ったことをそのまま文章に表せるようになりたいなぁ。

 

 

SNS

twitter.com

www.instagram.com